カラーコンタクトの付け方と外し方

カラーコンタクトが流行っていますが、きちんとした装着の仕方を知らない人もいると思いますので、ここでまとめてみました

まず始めに、利き手の人差し指の腹にカラーコンタクトを乗せます。

目視で良いのでこの時に、カラーコンタクトのレンズに傷や汚れなどがないか確認しましょう。

そのまま装着してしまうと、目のトラブルを引き起こすかもしれませんので、付ける前にチェックしましょう。

そして鏡を見ながら逆の手で、上まぶたを押し上げて、利き手側で目の下部分を引き下げてください。

そうすると目が開いて、瞳がはっきりと見えるくらいになると思います。

そうすることで、瞳が見えてカラーコンタクトを乗せやすくなります。

カラコン取り扱い - Google 検索

次はその瞳にゆっくりと、ふんわりとカラーコンタクトを乗せて、ゆっくり一回目を閉じてあげて下さい。

そして、抑えていた上まぶたの指で、軽くまぶたを押してあげることで、中の空気を出してあげましょう。

中の空気を出してあげることで、しっかりとカラーコンタクトが瞳の上に乗りますし、ゴロゴロ感もなくなるはずです。

最後に、鏡をみて、カラーコンタクトが瞳の上にきちんと乗っていることが確認出来ましたら、装着完了です。

このようにきちんとした装着方法を学ぶことで、目の違和感を感じた時に、無理に付けようとしてレンズに傷を付けてしまったりして、そのカラーコンタクトを使ってると、目のトラブルの元になりますので、付け方もマスターしましょう。

続いてカラーコンタクトの正しいはずし方を知っていますか。

きちんとしたカラーコンタクトのはずし方、扱い方を知っておくことで、レンズにも傷をつけたりする可能性を少しでも減らすことができますので、確認していきましょう。

まずは、鏡を見ながら自分の目の中にあるレンズの位置を確認して、両手をつかって、上まぶたと下まぶたを上下に引っ張ります。

そして、利き手の指を使って瞳の上のレンズをつまんではずしましょう。

その際は爪でレンズを傷つけないように気をつけてはずしていきます。

また、カラーコンタクトを扱う際に気をつけていただきたい点は、装着する時間は8時間などと決めて、長時間の着用はしないようにしましょう。

そして、乾燥しきらないように気をつけましょう。

カラコンを買う際はこういった通販サイトがオススメです!

カラコン 乾燥 - Google 検索

乾燥してしまっては、使いモノにならなくなってしまいますので、乾燥にてきてると感じた時には、専用の点眼薬を使って目にもカラーコンタクトにも潤いを与えてあげるようにしましょう。

また、着用したまま寝てしまうことや、プールや海といった水に潜るような事はやめましょう。

これらの事を気をつけながら、使用していくことで、自分自身の目を守ると同時に、カラーコンタクト自体も守っていくことが出来ますので、使用期限通りに使う事ができます。